未分類

生活保護(4)

 福祉の仕事をしていると、いわゆる勝ち組や負け組の原因はかなりの部分が環境や遺伝によるものだと感じる。  つまり本人がとても努力したとしても、それすら環境や遺伝による部分があって、そんなに自慢できるものでないから、逆に努力しないでも...
未分類

冒険ができない

昔のことを思い出すと、「あの時は、こうすれば良かった」というものが多い。  そんなことを思う自体が情けないのではあるが、よくもまあ同じような失敗をしたものだと思う。  結局は力がないからそうなるのだが、若い頃はなかなか気付きに...
未分類

福祉の町

 沖縄市は福祉の町と言われいる。失業率が高く、福祉で食べている人が多いからである。  沖縄市は那覇市に次ぐ沖縄第2の都市であるが、店舗の約半分ぐらいが閉じており、悲惨な感じである。  沖縄市の何がダメでそのようになったのか、私...
未分類

老後の難しさ

 老人の課題は、長い老後をどう過ごすかである。  有意義なものにしたいが、老いによるいろんな制約が伴うから、その対策をどうするかである。  一方で、価値観や考え方が若い頃とは変わらざるを得ない。老人ならではの状況になるからだ。...
未分類

継続(2)

 変化を生むためには、何かを継続すればいいというのだから選択肢はある。  ただ、習慣づいていることを止め、あるいはづいていないことを始めるのは容易ではない。ほんのちょっとしたことでも、改めるのは難しい。  だから、1ヵ月なのだ...
未分類

継続

 何でもいいから、1ヵ月継続すべしという話がある。そしたら、何かが変わるそうだ。  少し長くやってみないと変化は生まれないだろうし、でもそうすれば確実に変化が生まれるというところがポイントなのだろう。  それが現状を変える最も...
未分類

楽しみが減る(2)

 欲求が減ると、生きる意味も乏しくなって来る。  年を取ることの悲しさは、この点に凝縮されるのかもしれない。  でも、欲求の衰えは体力が落ちるからだと感じる。  体力を維持することが楽しみを持続させる方法なのだ!
未分類

楽しみが減る

 老人になると楽しみが減るが、これは結構きついことである。  なぜそうなるかは、たぶんいろんな欲求が衰えるからだと思う。  楽しみは欲求と表裏なのだ。だから、年を取ると年々楽しくなくなる。  欲ボケ老人という言葉があるが...
未分類

気楽(2)

 夫婦間は、同世代であるにもかかわらず気楽さと同時にあまり気が休まらない部分もある。  それはできる限り距離を縮めたいという願望とそうはならぬ現実とのギャップがあるからだろう。  これは老夫婦でも同じである。  人間は気...
未分類

気楽

 毎月、第3土曜日の午後から孫が我が家に泊りに来るので、両日はほぼ孫の相手をすることになる。  孫はもちろんカワイイし相手するのも楽しいが、やはり疲れる。  異世代の付き合いというのは、たとえ近親者であっても難しいところがある...
タイトルとURLをコピーしました