杭州 寧波 蘇州 無錫 - ビジネス&情報サイト:中国OK! 中国OK!トップへ お問い合わせ 会社概要
中国OK!トップ中国ニュース > 社会 中国全土 |  上海市 |  浙江省 |  江蘇省
 
掲載:2009-12-11 11:11:23
10%の富裕層が全住民の財産の45%を所有
 
先ごろ、中国人民大学労働人事学院院長、中国労働学会副会長の曾湘泉は人民ネットを訪問し、中央経済工作会議を解読した。現在関心を持たれたている所得格差の問題に及んだ際、曾湘泉は財政部の最新調査を引用して、中国の所得分配差がすでに“非常に不平等”の状態に達し、10%の富裕家庭が全住民の全財産の45%を占めていると語った。
  
曾湘泉はデータを挙げて説明した。「中国の所得分配差が益々開いているのは疑いのない事実となっている。ジニ係数は全体の所得格差を評価する重要な指標である。1978年から1984年まで、中国のジニ係数は0.16のレベルで安定していた。しかし1984年からジニ係数は上昇し続け、2007年にはすでに0.473にまで達した。基本的には0.2以下は“非常に平等”、0.2〜0.4は“やや不平等”、0.4以上は“非常に不平等”とされるが、中国は今0.473であることは不平等の問題がすでに比較的に突出していることを物語っている」。
  
また、20%の高収入人口と20%の低収入人口の倍数も絶えず増え続け、都市部で8.9倍、農村部で6.7倍となり、平均7〜8倍となっている。低収入層と低収入にこよなく近い中クラス収入層が非常に多く、全体の64.30%を占めている。
  
財政部が最近発表した財産性収入の統計データによると、10%の富裕層が都市部全住民の財産の45%を占め、一方10%の低収入層の財産総額は全住民の財産のわずか1.4%を占めている。

2009.12.11 中国新聞ネット(訳:Machiko.M)


天気
08日09日 
為替レート
中国元  (2012-01-16)
1万円 :
62407 元
100元 :
16.02 円
米ドル
1万円 :
10002 $
100$ :
99.98 円

スポンサードリンク
 
China OK!
ホーム会社概要サイトマップリンク集お問い合わせ個人情報取り扱いについて
Copyright (c) 2005 Y&Y, Information Square dpt. All Rights Reserved.