未分類

考えないこと

 私は、あまり以前のことを考えない。今と少し先のことしか考えないようにしている。  以前のことを考えようとしないのは、そこに良い自分がいないからだ。単に過去から逃げているだけだろうが、妙に悔んだり反省しても何も生まないと思うのだ。 ...
未分類

生きているうちに

 友人、知人が亡くなると、悲しむ気持ちとともに、生きているうちにもっと深くつき合っておけばよかったと思う。  彼らが生きているときは、面倒さや時間のなさを理由にそのうちにと、会うのを延ばしてしまいがちだ。若いうちはそれも止むを得ない...
未分類

やり直し

 人はいくつになっても、やり直したいという気持ちがある。若くてもやり直すのは難しいが、老人になると更に難しくなる。それでもやり直したい気持ちになるのは、少しでも今の状況を良くしたいからだろう。  私も今までいくつかのやり直しを試みた...
未分類

無宗教

 ときどき行くキリスト教会の信者の多くは老人である。しかも、女性の割合がが圧倒的に多い。そもそも男性は無宗教が多いから当然ではあるが。  ところが、男性も死期が近づくと、結構信者になる人がいるそうだ。葬儀のことを考えてか、妻が望むな...
未分類

侘しさ

 老人は、自分の老いのために侘しさを感じ易い。それは、働いていても、お金がたくさんあっても、良い家族に恵まれていても変わらない。  ただし、いつも感じる訳ではない。侘しさは老いとともに心の底に蓄積されて来るので、気落ちすると感じてし...
未分類

映画

 新型ウイルスを題材とする映画 「復活の日」 がGYAOにあったので、どんなものだろうと思って見てみた。40年前の日本映画だが、随分と制作者のリキが入っており、こんな作品もあったんだとちょっと驚いた。  ストーリーはともかくとして、...
未分類

誰でもできる

 ほぼ毎日、昼食と夕食は半分以上私が作る。器用さやセンスがないので上手とは言えないが、まあ普通に食べれる。味をうるさく言わなければ、料理は誰でも作れるのだ。  料理はひとつのモノづくりなので、どこか楽しい。だから、負担に思う気持ちも...
未分類

気分の安定

 気分の安定は、老人にとっても大事なことである。聞くところによると、気分の安定はカネの使い方にも影響するそうだ。  例えば、悲しい時には自己肯定感が少ないので、お金を使って肯定感を上げようとするらしい。また、ピンチの時はポジティブで...
未分類

カード決済

 以前はいろんな支払いを現金払いしていたが、最近、買い物をすべてカード決済に変えた。 今は、理髪と水道料(沖縄の水道代はクレジット払いができない)以外は、すべてカードで支払っている。  最初のうちは、カードを紛失しそうで持ち歩...
未分類

老後の苦しみ

 昔は「老後の楽しみ」ということが盛んに言われ、仕事が忙しくてできなかったことを、定年後の短い老後にそれをやって楽しもうとした。  しかし最近は、医療に発達などで平均寿命が大幅に延び、ボケたり長患いしたりしても生き続けるようになって...
タイトルとURLをコピーしました